calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

plofile

categories

latest entries

recent comments

recent trackback

recommend

archives

search

mobile

qrcode

記事が投稿できない

アプリでの記事投稿ができない。

 

(;・ω・)

 

 

記事内容が

「(|| ゜Д゜)(|| ゜Д゜)(|| ゜Д゜)」は

できたんだけど。

 

 

長く書くと

だめなようだ。

 

 

なぜ?

| つれづれ日記 | 22:22 | comments(0) | 佐倉花観 |

(|| ゜Д゜)

(|| ゜Д゜)(|| ゜Д゜)(|| ゜Д゜)
| つれづれ日記 | 22:17 | comments(0) | 佐倉花観 |

ま、まさかの!

びびびっくり!!(゜ロ゜ノ)ノ

まさか
ゆずる君が
"緑のおじさん"体験者だったとは!


あたしは見たことないけど
一時興味持って調べてたんですよ。

緑のおじさんは
天使……ではないかな。

妖精のほうが近いかも。

しかも
緑のジャージなんですよね、着てるの。


実は
緑のおじさんの実態を記した本もあったりするので
是非ゆずる君にお薦めしたい。


たぶん
この番組を見たファンの方が
その本を送ってあげることでしょう。


ちなみに
"ちっさい武士"っていうバージョンもあります。
| 宝塚歌劇団に関する私的考察 | 23:37 | comments(0) | 佐倉花観 |

My sweet angel ♪10

ゆずる君の
写真集の番組をっ

見ております。

きゃふ(///∇///)


や〜もう
めっちゃカッコいい。
めっちゃ素敵。
めっちゃかわいいっ。
めっちゃ綺麗っ。
めっちゃシュッとしてる。
めっちゃ……っ!

あたしのボキャブラリー貧困すぎて
これ以上の言葉が見つかりません。

どうしよ、も〜
この気持ちを言葉にして
誰かに伝えたいのに
伝えられないよ〜(>_<)
もどかしいっ。


もう
すべてのゆずる君が素敵すぎて
"実在感薄っ"て感じです。

こんな素晴らしすぎる人が存在してて
動いて
おしゃべりして
ご飯食べたり
笑ったり
してるなんて……

信じられません(〃ω〃)


もちろん
写真集は予約済みでございますので
恒例の
「1番好きなショットは〜」は
写真集が手元に来たらにしましょうね。


とりあえず
番組の中の
悶絶ショットは〜

ゆずる君がネクタイ緩めるワンシーン!
&
美術館の手を頭の後ろに回してるシーン

思わず「きゃ〜(≧∇≦)」って
言っちゃった(きゃいきゃいきゅんきゅん)♪


あ、それから
「フランスっぽいけど、でもアジア」

うんうん(*゚∀゚)*。_。)*゚∀゚)*。_。)
あたし、それ好きなの。

それをね
ゆずる君
シノワズリーモダンって言うんだよ♪
(たぶんね)


ゆずる君とは別件で
台湾は行ってみたい国ですね〜。
| 宝塚歌劇団に関する私的考察 | 20:37 | comments(0) | 佐倉花観 |

My sweet angel ♪9

今日も仕事の佐倉です
こんにちは〜(*´−`*)ノ

休みなしで苦しい10月を過ごしている佐倉ですが
(推薦の願書発送もあって馬車馬のように忙しいのです)


ゆずる君&あ〜ちゃん&真琴くん
でもって紫りらちゃんもすご〜く大変ですね。

宝塚舞踊会?でしたっけ。


こちらにも出演されるとのことで
その日(10/17)って
「ベルリン、わが愛」「Bouquet de TAKARAZUKA」
がありつつの
「宝塚舞踊会」なのですね。

いつお稽古なさってるの?
毎日公演があるのに!

大変ですね。
これはホントに
大変だ\(゜ロ\)(/ロ゜)/
と思いました。


お身体を壊すことなどなきよう
お祈りしております(>_<)
| 宝塚歌劇団に関する私的考察 | 09:06 | comments(0) | 佐倉花観 |

紅マニアの秋の夜4

前記事で

お舞台の上のゆずる君は
とろけるような表情をなさるから

と書きましたが

とろけるのはあたしであって
ゆずる君がとろけているようなお顔をなさるわけではありませんので。

なんだか誤読を誘発するような文章だったなって思って。

訂正方々
こんばんは〜佐倉です(*´−`*)ノ


ゆずる君の表情はね〜
何て言ったらいいのか……
とにかく素敵なんですよ。

きゅんきゅんするってのも
もちろんありますが。

そういう簡単な表現では表現しきれないような
そういうものを感じるんです。


あまりにも美しすぎて
「あ……このまま、霧の向こうに消えてしまいそう」
と思わせるような
そんな儚い表情だったり。

いや、ものすごくカッコいいんですよ。
キリッ( ・`д・´)としたところとか。

でも
そんな表情のときでも
強さと表裏一体の儚さをも感じさせるというかね〜。

そういうときは
心臓をぎゅって握られたような切なさを
感じます。


あとはね〜
ゆずる君
よくお花の話をされるからなのか
お舞台のゆずる君を観ているときって
なんか良い香りが
漂っている感じがするんですよ。

あれは不思議。


もともとあたし
良い香りがしそうな人が好きなんですけとね。

で、実際近づいたときに
良い香りがしてたら
ホンットめっちゃ好感持つんですが。

近づいてもないのに
お姿を拝見しただけで
ホントに良い香りがするのは
はじめての経験!

どういうメカニズムによるものなんでしょうね(///∇///)
| 宝塚歌劇団に関する私的考察 | 20:39 | comments(0) | 佐倉花観 |

雪組さん公演制作発表会

や〜もう
望海さんも
もちろん上手いけど〜

きいちゃんが!
きいちゃんが!
もうホントにお歌が上手くて
透き通った綺麗な声で……(≧∇≦)

いいっ!
雪組さん公演も行きたいっ。

歌自体もとても素敵で
どんな場面の歌なのかなぁって
気になりましたけれどもね。


きいちゃんのお役名はマリー=アンヌ。

ロベスピエール絡みで
マリー=アンヌって

ん〜聞いたことあるんだよな〜。

ジロンド党の支持者で
ジャコバン党の
なんとかいう人を
暗殺した女性って
そういう名前じゃなかった?


……と思ったので
調べてみました。


正しくは
ジロンド派とジャコバン派、らしいですな。

あたしが考えていた女性の通称は
シャルロット・コルデー。

本名
マリー=アンヌ・シャルロット・コルデー・ダルモン


ジャコバン派の
ジャン=ポール・マラーを暗殺し

自身も断頭台の露と消えた"暗殺の天使"。


その美貌から"暗殺の天使"と呼ばれたらしいですね。


ロベスピエール&マリー=アンヌのポスターで
きいちゃんが
短剣?らしきものを握っているので

それもあって
シャルロット・コルデーとマリー=アンヌを
だぶらせた、というところでしょうか。


とにかく
きいちゃんのお歌を聴きに行くためだけに
雪組さんのチケットを手に入れたいっ!
| 宝塚歌劇団に関する私的考察 | 20:17 | comments(0) | 佐倉花観 |

My sweet angel ♪8

今日も
模試監督です。

仕事です。


今月は3週間連続で仕事でして
お休みがありませ〜ん。


精神病みそうなところですが
それでもなんとか病まずに済んでいるのは

そう
宝塚の存在があったればこそ。


「ベルリン、わが愛」について

「どうあるべきなのか」ということを考えさせられる
とゆずる君はおっしゃっていましたが

つまり
ゆずる君のお芝居を観たら
ゆずる君自身が「どうあるべき」と考えているのかが少しわかるはず
ということになります。


もちろん
テオという作中人物を通しての考えということになるから
ぴったりそのまま、ということには
ならないだろうけれど

垣間見える、と言えば良いのかなぁ。


そんな感じ。


だから
そういう意味でも
ゆずる君のお芝居を観るのが
楽しみですね〜(*´−`*)
| 宝塚歌劇団に関する私的考察 | 13:18 | comments(0) | 佐倉花観 |

紅マニアの秋の夜3

バーベキューで
お肉をいっぱい食べ
ソフトクリームも食べ
満腹太郎の佐倉です
こんにちは〜(*´−`*)ノ


今日は遠足でした。

バーベキューをニコニコしながら食べる生徒たちを見て
とても楽しかった(//∇//)

さて
さてさてさて

真琴くんか演じるエーリッヒ・ケストナーですが。

「ベルリン わが愛」のエーリッヒは
極々若いときの彼なのだそう。

まだ、作家として世に出る前のね。


だからなのか
真琴くんが演じる彼は
あたしのエーリッヒ・ケストナーのイメージからは
少し離れているのです。


もっと皮肉屋なイメージなんだよね。

「飛ぶ教室」を読んでのイメージなんだと思うんだけど。

子どもたちに対する愛情と
大人たちに対する皮肉と
そういうものが描かれているって
思ったのですよ
「飛ぶ教室」を読んだときに。


だからなんか
ストレートには書かない人なんだなぁっていう
イメージで。


そこからすると
お舞台のエーリッヒは
若くて情熱があって
でも無力で
それでいて
世の中に対して何か働きかけをすれば
きっと世の中は変わるはずだと
信じているような人。

ルイーゼロッテに対する気持ちも純粋で。

「君が好きだ♪」って唄うところは
ホントに必見。

めっちゃ素敵!



お舞台観劇
楽しみだなぁ(///ω///)♪



| 宝塚歌劇団に関する私的考察 | 13:51 | comments(0) | 佐倉花観 |

My sweet angel ♪7

NOW ON STAGE の最後の方
ショーのデュエットダンスの映像が
チラ見できるんですが。


そのときの
あ〜ちゃんの表情が
すっごく良いんですよ。


艶っぽいっていうか
色香漂うというか

そんな俗っぽい感じじゃなく
気品はあるけど女っぽい表情

という感じですかね。


ゆずる君と一緒に考えたストーリィがあるからこその
あの表情!
なのかな。


あたしは
芸術作品に関しては
抽象的なものは苦手なんです。

抽象的なものを観ても
具体的な何かを想像してしまう。


そうじゃないと
具体的な感情を思い浮かべられないから
作品を理解できないんですよね。


そういう意味では
ダンスにもストーリィを見出だして
それを手がかりに
ダンスの世界を再構築しようとする試みには
納得できるものがあります。


ゆずる君は
今回のデュエットダンスに
古風なものを感じているのかな。

花夢幻?でしたっけ。

あの曲も
確かに
トラディショナルな日本人の姿を
思い起こさせるような
メロディーラインですもんね。


古き良き日本の
男女の間柄の
その雰囲気を
ダンスで表現しようとなさっているのかなぁ

なんて
思いました。


ゆずる君
素敵ですよ〜。

お舞台の上のゆずる君って
なんだか
とろけるような表情をなさるから
危うい気持ちになるんですよね、あたし。


ん〜(///ω///)♪
| 宝塚歌劇団に関する私的考察 | 08:43 | comments(0) | 佐倉花観 |