calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

plofile

categories

latest entries

recent comments

recent trackback

recommend

archives

search

mobile

qrcode

フカヨミスト佐倉の"紅ゆずる"原論20

ロングインタビューにて
ゆずる君がおっしゃっていたこと。

役がつかなくても
腐ったりしたことは一度もないし
一公演一公演全力でやっていたかって聞かれたら
やっていました。


言い切っていた。
すごいと思う。

言い切るゆずる君、
すごくカッコ良かった。


そしてまた
どんな小さな役でも
あるべき人生、あるはずの人生を
ちゃんと考えて演じてらっしゃるところも
ホントに素敵だと思うし
役作りの仕方として
とても好き。



お芝居するということを
宝塚のお舞台に出演するということを

それがどんな形であれ
すごく楽しんでいらっしゃるのが伝わってきて

あ〜もうなんか
すごい人だなぁって思う。


宝塚のお舞台に憧れ
大切に思っているがゆえに
そのお舞台を壊してしまうことに対する恐怖もまた
人一倍なようですし

それはそれで
辛いことだとは思うのだけれど。


その壁を乗り越えて楽しんでいらっしゃるお姿に
神々しささえ感じました。

ゆずる君は
人としてこう在りたい、
とあたしが憧れる存在といっても過言ではないですね。

(///ω///)♪
| 宝塚歌劇団に関する私的考察 | 20:08 | comments(0) | 佐倉花観 |

「祈り」という歌の

パーシーが歌う「祈り」という歌の意味。

よくわからないって書いていたけれど。


今、ある本の
「人間は誰でも間違うし失敗するんだ。
だから祈るんだよ」
という部分を読んだ瞬間

「祈り」とリンクした。


そういうことなんだ、すとんと落ちた。

パーシーは
どう振る舞うべきかわからなくなったときに
道標がほしくなったんだよね。



パーシーはきっと
どんなことがあっても
マルグリットの真実の姿がどんなものだったとしても
マルグリットを愛し
マルグリットを守るために行動するんだと思う。

でもその選択が
正しいものなのかどうか
それはわからないじゃない。

人間にはわからない。
やってみなきゃわからない。

だから
神にお伺いを立てたくなるし
正しい道に導いてくださいってお願いしたくなる。

自分が立ってる"今ここ"や
選択しようとしている"その道"が
正しいものでありますように。

そして
もしそれが間違いなら
それに気づくことができる自分でありますように。


それが
祈るということ。



あたしが祈ることが好きなのも
そういうことなのかもしれないな。


迷いまくってるからなぁ……すべてにおいて。

あたしの人生のラビリンスは
深くて暗いんだなぁ、きっと。

| 宝塚歌劇団に関する私的考察 | 15:42 | comments(0) | 佐倉花観 |

だから好きなのゆずる君3

ロ〜ング インタビュ〜を観ましたが〜。



ゆずる君のあのコメント

カッコいい〜〜〜(/≧◇≦\)

ホントに
人として
カッコいいな!



詳しいことは
ゆるゆるとupすることにしますが。


あたしがゆずる君のどこをそんなに好きなのか

もう何度もいろんなことを書いてきたし
考えてもきたけれど

ゆずる君のおっしゃることを聞いて
「あ〜これが根本的な理由なんだな」と認識しました。


あたしにはない美点であり
あたしが憧れる資質なんだろうね。


今までも相当好きだったけれど
今までの100倍は好きになりましたよも〜ホント。

ゆずる君以外で気になっていた他のジェンヌさんが
心から消え去るくらい。←!!!


ん〜(///ω///)♪
| 宝塚歌劇団に関する私的考察 | 00:03 | comments(0) | 佐倉花観 |

だから好きなのゆずる君2

雑誌に
ゆずる君が載っていました〜。

あ〜ちゃんと真琴くんも載ってたよ♪


ピンクのボウタイシャツ
とっても似合ってますね〜。

それと
あのジャケット。

あのジャケット
最近
着ているところ
いろんなメディアで見ますけど
「The Scarlet Pimpernel」気分でチョイスすると
あのお洋服になるんですかね( 〃▽〃)

お顔も素敵で
とってもカッコいいし(ハート)


コメントを読むと
ゆずる君は
いろんな機会を捕まえて
"男役"を極めようとなさっているようですが。


はっきり言って
そんじょそこらの男性より
カッコいいですよ、ゆずる君。


…………というか正直
男性とか女性とか
そういうのどうでもよくって

今のゆずる君は
ホントにキラキラしてて
他の誰とも比べられないほど
素敵です(///∇///)(///∇///)(///∇///)
| 宝塚歌劇団に関する私的考察 | 22:31 | comments(0) | 佐倉花観 |

昨夜は

送別会でした。

次は3年生!なのに
学年から大切なスタッフが
ふたりも抜けて

佐倉的にはイマイチな人が
入ってきてしまいました。


最悪です。

学年は崩壊寸前って感じです。


この状態で
1年間頑張らなきゃないと思うと
ホント憂鬱ですよ。


そういうわけで
昨夜の送別会は
ひさしぶりに三次会まで行きました。

おかげで唇、荒れちゃった。


はぁ……生徒のためには頑張るけど
学年がこんなんじゃあ
やってられないよ〜( ;∀;)
| つれづれ日記 | 16:03 | comments(0) | 佐倉花観 |

紅マニアは紅雨のやうな涙を零す8

髪を切った佐倉です。

ツーブロ&アシメなヘアスタイルです。

左側が短いんだけど
意外と短く切ってくれてて
刈ってるところが丸見えだ!


明後日からの講習、大丈夫か?


さて
地元に帰ってくるときに
ゆずる君のCDを聴いてきました。

こんな曲もあったのね〜とか
懐かし〜いとか
さまざまな感想を持ちましたけど


なんにしても
うっとり〜(///ω///)♪しました。

ゆずる君もですけど
ジェンヌさんって
ちゃんと譜面から音符をおこして
練習してらっしゃる歌い方をなさいますよね。


あ、普通でしょって思った?

歌をやったことがある方は
よく御存知かと思いますが

譜面通りの音程で歌うのって
難しいんですよ。

例えばドの次がレのメロディーラインを歌うとして
ドとレの間には
西洋の音階にはない音が無限にあって
ぴったり譜面通りに声を出すのは
かなりの練習を要します。

さらに
歌いなれてくると
自分に都合のよい音をとってしまいがちになるので
音が
ほんの少しだけ
狂います。

そうすると
伴奏と音が合わなくなるから
少しだけ濁った音に聴こえるのです。


ジェンヌさんの歌には
そういう濁りが少ないので
心地よく聴けるんですよね。


ゆずる君も
丁寧に音符を追いながら
お稽古されてるのだろうなぁ
と思いました。


それにしても
「アンナ・カレーニナ」のゆずる君
声が若い若い!


でも雑念がなさそうな真っ直ぐな声でしたので
気持ちよく聴けました。

選曲にはゆずる君も関わってらっしゃるのでしょうけれど

どうしてこの曲たちにしたのか
聴いてみたいなって思いました♪


ん〜(///ω///)♪
| 宝塚歌劇団に関する私的考察 | 15:43 | comments(0) | 佐倉花観 |

だから好きなのゆずる君1

モバタカの宝塚ニュース内の
ゆずる君のプロフィール画像。

今はパーシーのゆずる君なのですが

それがまた
めっちゃカッコいい(/≧◇≦\)

皮手とスカーレット ピンパーネルの指輪をつけた右手を顔の側にあげているんですけど


表情と眼差しの強さがなんとも言えず……(///∇///)

即!堕ちました。


ゆずる君って
お化粧も上手ですよね。
| 宝塚歌劇団に関する私的考察 | 01:10 | comments(0) | 佐倉花観 |

天使の羽のピアス♪



片っぽだけ。

もう一方は
耳についてるので。


ハンドメイド販売サイトで買いました。

こういうシンプルなのって
量産品にはないんだよね〜。


か〜わい〜( 〃▽〃)
| つれづれ日記 | 22:06 | comments(0) | 佐倉花観 |

紅マニアは紅雨のやうな涙を零す7

桜咲ちゃん(似の同僚)を送ってきました。

今日は歩いてきたそうで
それで送ってあげたのです。

桜咲ちゃん(似の同僚)は
笑顔と性格がかわいらしい二十代女子です。

ホント、かわいいですね。


その同僚以上にかわいい笑顔を見せてくれるゆずる君ですが〜。

お芝居のときは
ホントにカッコいいですよね。

お舞台に登場した瞬間の
あのトキメキったらハンパないですよ。

すご〜く幸せな気持ちになります。

「きゃ〜ゆずる君だあ(*´∀`*)」みたいな。


そのうちに
物語の世界に入り込むので
"ゆずる君"じゃなくて
物語のキャラクタとして観るようになるんですけどね。


ルックスが好きなお役は

第3位 フランキー
(パイロットの制服姿、超好き! スーツ姿もカッコいいし、ヘアスタイルも好みだぞ)

第2位 アラルコン
(見た目、めっちゃ好き。好み!)

第1位 ティボルト
(一目惚れに近い。カッコいいっていうより、美しい)

だったんだけど。


パーシーがね
これ、もう
絶対上位入賞間違いなし、なんですよ。

こんなにカッコいい人
見たことない。

佐倉の好みどんぴしゃメガヒット!

作中人物だってわかっているのに
ホントに恋してしまいそうです。

パーシーを心の底から愛しているマルグリットの気持ち
よく分かるもん。


実際
お舞台を観てみないことには
何位に入るかわかりませんが。


観劇は
4月3日です!


ん〜(///ω///)♪

| 宝塚歌劇団に関する私的考察 | 21:20 | comments(0) | 佐倉花観 |

七海ひろきに首ったけの春爛漫

「今日も素敵だね」

七海くん、カッコよすぎます。

ど……動悸が
動悸が
動悸が走りまくりです。


七海くんって
こういうのさせたら
天下一品ですよね。

宝塚ファンのときめきポイント
ちゃんと押さえてくるもんね。


あ〜素敵!

こういう彼氏だったら
もうなんか
なんにも要らないって感じだ( 〃▽〃)







| 宝塚歌劇団に関する私的考察 | 22:05 | comments(0) | 佐倉花観 |